上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.14 赤いわたし
久々に赤いわたしになってしまった。
って、たぶんだけど、怒ってて赤いオーラになっていただろうな~ってことです。見えないもん(^ー^) フン

普段なら余計なお世話と聞きながせるところ、なんだか説明をしてしまい、どつぼにはまっていった~(#+_+)
今の自分の状況を正当化したいという思い…確かにあったからかも~f(^^;) ポリポリ
その前に、動揺する出来事があったことも一役買ってる。これはこの先楽しみだ~♪

時々人は、その人が現状よりもよくなるようにと、アドバイスをしたくなる。
その人のことを本当によく知っているのなら、きっとそのアドバイスは的を得ているものもあるだろう。
だけど、あまり知らないのにアドバイスをしたくなるのは、違う意味合いになる。
大抵においてそういう人は、自分の足元もおぼつかない状況だったりする。
尊重もない、一方的なアドバイスは押し付け支配になる場合が往々にして多い。
そして、何故そういうことになるかというと・・・


常に自覚していよう。。。
自分の立場と存在理由。。。探しながら、変化しながらだけど。


家に帰ってきてからも赤いわたしを、姐さんは笑ってた。
珍しくて、たぶん初めてのことだったかもしれない。
リアルタイムで冷静さを取り戻せなかった自分への怒りを沈めるには、塩風呂くらいでは足りず、らんぐとのお散歩が一番です。怒りの感情はらんぐへの愛情に変容♪ 
らんぐというのがミソだね f(^^;)

赤いオーラは情熱に限る。
今日はとても初夏らしいお天気で、南天の花も咲き出しました。

洗濯物を取り入れながら、ふと、家の前の道に目を落とすと、雀が何やら突っつきながら運んでいます。
もしかして、それは私の苦手なミの付く三文字のやつか…
どうやらそれはあまりに大きくて、持って飛び立つことは出来ないらしく、道を歩いて運んでいるのでした。

何ともほほえましい光景に思わず見とれていたら、そこへ信じられない声が・・・
「おらおら!、殺すぞ~!!(▼へ▼メ) 」

ピンク色の子供用自転車を力一杯こいでいる、まだ小学校にも上がっていない女の子のドスを聞かせた声でした。\(●o○;)ノ エーッ!
思わず目が点・・・あとは苦笑するしかありません。

「どけどけ~!」ならまだわかるんだけど、「おらおら~!」って、ね・・・
いまどきの幼稚園では流行ってるんかいヽ。(ー_ー;)

ほんと、どこで覚えてくるのか~と思っていたら、
「お母さんがヤンキーなんだよ!」というこれまた苦笑するしかないお返事が・・・(^^;)
そして、先のほうにヤンキー座りをしてその子をみているお母さんが見えたのでした~。
なるほど~、だからいつもより強気なのか~。
母のバックアップはすごいのね~

チャンチャン♪

2007.05.30 my箸
「また箸を買ったの~」と言われ、苦笑。
今年に入って3本目だもの、言われても仕方ないね。
横浜で新しく出来た箸屋さん「箸ギャラリー 門」を見つけ、持ち運びようの桜の木製のナチュラルなお箸と、自宅用の細く繊細な漆塗りのお箸を買ってしまった~( ̄ー ̄)v !

そんなに外食することもないのだが、my箸を持とうと思ったのだ。
いや、思うだけはず~っと昔から思っていたのだが、実際にそれ用の箸を買ったのは初めてで。
箸箱でカタカタ言わせて持ち運ぶのもちょっと抵抗があったし、サック式のものはなんか不衛生だし・・・
和柄の箸入れも販売されているけれど、箸とセットで3000円ちょっと。しかも封がされていて持ち心地をお試しできない。ん・・・
だからって訳ではないけれど、箸屋に入る度に、箸を買ってしまっていたのだった。
こだわればきりがないけど、やっぱり自分に合う長さや重さ、太さや質感があるものね。

「どうしようかな~」と思っているところへ、お手製の箸収納グッズを持っている人に出会う。
三角に切ったハンカチを縫い合わせ、箸入れ袋にしているのだった。
「なるほど~、その手があったね。」
そのタイミングに思わず見とれてしまった。けっして、縫い方がわからなかった訳ではなかったのよ (*^▽^*)

そして、持ってみて初めてわかったことがある。
たま~の外食をする馴染みのお店のほとんどが、割り箸使用のお店ではなかったのだった。(*・0・*)
おかげさまで出番がほんとに少ないのだが・・・これはいいことだ~。

うれし恥ずかしmy箸は、金魚柄の和ハンカチ袋に包まれて、鞄にそっと入っているのだった(^^ )ルン♪
2007.03.20 さくら。
雪のテンプレートのいい感じのがないかな~と探していたけれど(ほんの時々)、見つからないまま春になってしまったので、
桜のテンプレートにチェンジ(*'ー'*)るん♪
季節柄ぴったり~ しばしのお付き合いを。

ちらほらと、あちらこちらで桜の花が咲き始めました。
寒気の戻りで風が冷たく、まだまだ寒いけれど、1日ごとに蕾が開いていきます。
ここのところのキュ~となっていた気持ちが、ほわ~と開いていく瞬間でもあります。
さくらって、こんなにやさしい色をしていたっけ?
年々白くなっていく感じがしていたんだけれど・・・

今の季節、街路樹の元の植え込みになっているクリーム色の花は何と言うのだろう・・・
まだまだ知らないことがたくさんで。
教わっても忘れてしまうこともたくさんで(^o^;アハ
桃の花だとばかり思っていたのが、八重の梅の花だったり・・・
桃源郷は今、真っ盛りかな~( ´ー`)。oOうっとり・・・
ここのところの寒さで、いつもよりも花の持ちがいいそうです。

大幅に静岡の開花予想を外した気象庁。
全てをコンピューターに頼っていて、気温の入力を間違えたとかなんとか・・・
どなたもお目目は使わないのね~(・・;

ちょっと可哀想でもあるけれど、昔ながらの方法は蕾の重さを計ったりして開花日を計算していたそうです。
今でもそうやって開花日をだしているところもあるそうだけど、気象庁以外にも開花日を発表しているところがあるのを初めて知りました~( ̄∇ ̄;)アハ

でもね、植木職人さんに聞くのが一番間違えのない気がするんだけど~。何ていったってプロだもの~♪
素人見に見ても、2週間前にはわかるかな~。


今年は「いきものがかり」の「SAKURA」が耳に残ります。
確か去年の歌なんだけど・・・CMのせいかな。

なんだかちょっと引っかかるものって、余計に大きく見えたり感じたり・・・、残ったり・・・してしまうものなのです。

さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 揺れる 想いのたけを 抱きしめた
遠き 春に 夢見し あの日々は 空に消えていくよ
さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 春のその向こうへと歩き出す・・・


歌詞は続きに・・・
... 続きを読む
2007.01.17 ヒーター。
いくら暖冬だって言われていたって、やっぱり冬は寒いのだ。
電力使用の暖房器具に頼っている我が家。キッチンのガスストーブでさえコンセントを入れないと使えない。
もし、万が一、電気の供給が止まってしまったら・・・・ヾ(。><)シ 
この子が壊れたら、次は使ったことがないけど石油ストーブを買ったほうがいいよな・・・とは思いながら、まだまだ大丈夫そうなガスストーブは今年で14年目を活躍中く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!
それに石油って、音楽鳴らした車が売りに来るけど、余ったらどうすりゃいいの(?-?)

基本的に電化製品はデザイン重視で選んだりする。
もちろん、いくらデザインがよくったって馬鹿高いのは手が出ないし、不便なのはもっての他だけど、大体、生活環境に見合ったシンプルなものになる。
それで身体にも環境にも優しいものだったら、それにこしたことはない。

以前、一晩中デロンギヒーター2台をつけっぱなしにしていた姐さんにも電気代にも驚いたことがあって・・・あんまり私が驚いたせいかどうかは定かではないけれど、その翌年からデロンギヒーターが1台、また1台と休眠している。
誰かがいる部屋に暖房をつけるのは当然だと思うのだが、誰もいないところにつけておくのはやっぱり理解できないのだ。
資源は湯水のごとく湧いているものではけっしてないのだからと。
と偉そうに言ってても、私だってデロンギヒーターを消し忘れて、朝まで付けっぱなしなこともありますわな(^^ゞ

だからというわけでもないけれど、ちょっとした罪悪感も手伝い、着替える時にだけ使える遠赤外線のヒーターを買ってあげたいな~と思っていたのだ。
玩具みたいのは嫌だし、かといって場所をとりすぎるのも嫌だし・・・
でも、これって結局私の好み(^^ゞ

喜んでくれると思って姐さんの部屋に置いておいたヒーターは、コットンから作ったという植物カーボンヒーターを採用していて、ハロゲンに比べて2倍の遠赤外線の放出量がある、オーガニックカーボンヒーターというもの。
身体にやさしく、環境にも配慮してるし、デザインもまあまあ。予算はオーバーだったけど、1時間あたりのコストは○。
ほとんど衝動買いの乗りで買ってきたヒーターは思いの他喜んで貰えず・・・だったら無印のにしとけばよかったかーと、少し腐り気味になったのだった。
でもね。あれば使うのよ~(*^ー`)

買ってあげられた私の気持ちは、これで満足。
そして、さらに第一声が「ありがとう」だったら、その何倍もうれしくて大満足だったね~。おしいね。
いや、ちょっと待て・・・
私も誰かに言えなかったことがあるやもしれん・・・Σ(^▽^;)

でも、遠赤外線ヒーターは末端冷え性には強~い見方です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。