上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひょんな流れで「分杭峠」と「熱田神社」に行ってきた。

知る人ぞ知る「分杭峠」はゼロ磁場だということで有名で、いつか行きたいと思っていたところ。
スピリチュアル系の人たちと一緒のツアーはちょっとな…と思っていたんだけれど、結局そうなってしまった(^^;;)

静寂な空気は心地よく、これといって何かを感じるわけではないけれど、そこに椅子と本を持ち込み、時間を気にせずいられる人がうらやましかったな~(・・,)
ゼロ磁場とはいうものの、磁石は北を指すんだけれどね。

分杭峠1



飲料ではありませんと書いてある水をしっかりといただいてきて、飲んでみた。
特におなかを壊すこともなかったけれど、さりとて普通の水と大して変わらず・・・
ゼロ磁場の水」といって販売されている水もあるんだけれど、もっと奥の方で汲み上げているんだろうな~。
去年もここに来た人が、入れる場所が去年と違う、と言っていたし。
やっぱり、できることなら、平日に来るのがお薦めだ。


そして「熱田神社」。
日本武尊(やまとたける)が東征の帰途立ち寄り、桑の木の下に行宮を建て里人の苦難を除いたと言われている。
人々は日本武尊の恩沢を慕い、尾張国熱田神社の形影を移し勧請した。善美を尽くした彫刻を見事に彩色している本殿は覆殿で守られている。
一帯は、ご神木の桑の木はじめ木々が大きくそびえてる。その桑の木に真っ白な蛾が止まっていた。
眠っているのかなんなのか、触ってもぴくりともせず・・・(触るなよ~って(^.^; )


そしてそして、更にうれしい?ことが・・・
浮遊霊を取り除き、守護神をつけてくれるらしい先生に、あなたには何もすることがない、と言われたのだった~(⌒⌒)v
ちょっと、ほっと、ひと安心。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hathat.blog39.fc2.com/tb.php/208-913316e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。