上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.29 不要な感情
最近、私の住んでいるあたりでは渋滞緩和のために電車を地下に移動する工事が進み、それに伴い新しいマンションが増えている。
新しいマンションができたな~と思う度に、セールスの電話もかかってくる。ほんに、ご苦労なことです(..)
面倒なので「一軒家です」応えると、最近では「2軒目として」とか、「書斎として」とかと返してくる。なかなか、なかなか。
もし本当のこと(居候)を言ってしまったら大変だ~(〇_o)

そんな中、時折、墓石のセールス電話がかかってくるのだが、私の声を聞くなり、先方はトーンダウンしてしまう。
大抵は「まだお若いですよね・・・」と言ってくるので、「はい(・・・)」と答えて電話を切るのだが、そんなに若くもないのである(T▽T)アハ

自分の声は骨を伝わっても聞こえてしまうので、どうしても他の人が聞いているようには聞こえない。
録音された声は「そんなバカな・・・」と思ってしまう。何度聞いても慣れないのである。

声って、いつから老けだすのかしらん(・・?)


体調的なものや精神的なものが声には表れやすい気がする。
テンションが高いときは溌剌とした元気な声だし、自信のないときは小さく、くぐもった声になってしまいがちだ。
もし、普通にしているときでも、声がちょっと曇っているときは、知らず知らずのうちに不要な感情が溜まっている合図かもしれない。

夕陽に向かって叫んどく? (◎-◎;) パチクリ・・・って、森田健作じゃないんだから・・・って、キャ~、その世代だわん~~~~~(mーー;)m

不要な感情は溜めないにこしたことはないから、自分なりの処理の仕方が必需品。
楽しいこと、気持ちいいこと・・・できればいくつか持っていたい。きちんとどっぷり充分に満喫できるものを。
旅行など一時的に環境を変えるのもいいけれど、日常的にすぐにできるものも持っていたい。
じゃないと、何かちょっとしたことでもマイナスに取ったり、大袈裟に取ったりしてしまう。
例えば、毎朝電車が遅延するのが不愉快で、その不愉快さを毎日毎日引きずって、おまけに周りの人にも撒き散らしていたり・・・
で、さらに、さらに、不要な感情の貯金をしてしまう。
そんなの自分がかわいそう~♪ 何の益にもならないはずだしね~("⌒∇⌒")

さてさて、海に向かって叫んどく? ・・・(;^^)
海のように深~いところで受け止めてくれる人にならいいかもね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hathat.blog39.fc2.com/tb.php/204-71a93f12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。