FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.08 今日のお空。
今日の夕方のお空は、なんか妖しかった。
台風の影響の雨が止み、風も穏やかで涼しい6時過ぎ・・・
東の空はまだ青空で、切れ切れに浮かぶ白い雲の中、イルカが2匹泳いでた。
こころなしか、いつもより飛行機小さく見える。

だけど、西の空はちょっと違う。
密度の濃い雲と薄い雲が交互に折り重なり、厚いベールを作ってた。
だんだんと夕焼け色になってきたけれど、肝心の太陽が雲のベールに阻まれ、その姿を出せないからか、なんだか妖しい色に雲を染めてた。
いつもの美味しそうなオレンジ色ではなく、もっと濃い色・・・おなか壊しそうな色・・・
その上に、パステル調に染まった雲が幾層も浮かぶ。
たぶん、「彩雲」という、雲の水滴による光の回折現象だと思うけれど・・・
太陽から来た光が水滴の集まりを通過する時に、光の波長と水滴の大きさに応じた縞模様を作る現象。
昔は、吉兆を示すものと言われたという。
ひとつの雲に表れるならきれいだろうけど、こうもたくさんではちと妖しい。
大きな口をあけ牙を覗かせてるマンタが雄大に泳ぎ、その下の方に小さな恐竜が火を噴いていた。

こういうときに限って、デジカメを持っていない。残念~。
橋の上、行き交う人が携帯カメラでその赤い空を撮っている。
どこぞの家の窓がガラッと開いて、携帯カメラを持った腕が伸びる。

マンタが狼に変わって、恐竜がウサギになっても、雲は益々妖しい色を帯び・・・
刻々と変化して行く様は、まるで劇場のようだ。
小1時間後・・・登場人物は全てぼやけていった。
雨上がり、水蒸気の蒸発が早く、雲の形が変わりやすい。
今日の月は何色に見えるだろう・・・

去年、台風が過ぎって行った早朝、初めて「天国への階段」を見た。
雲の隙間から地上へと降りる4本の光の筋は、この上なく幻想的で・・・思わず感嘆の溜息が出てしまうほどだった。
近づいても近づいても、近くには行けなかったけれど・・・やっぱり追いかけてしまう。
そうこうしている間に崩れていってしまったけれど・・・今でも目に焼きついている光景。
ツェッペリンの歌もいいね♪

そう言えば、ここ何年か虹を見ていないな~。見たいな、虹~♪
日本では7色で表される虹。赤、橙、黄、緑、青、藍、紫。
だけど欧米では red, orange, yellow, green, blue, purpleの6色。
ロシアは4色だそうだ。2色の国もあるという。
屈折する光線の種類や環境にによっても色合いが変わる虹。
日本でもいつもいつも7色で見えるとは限らないという。
見たいな~、虹♪

なんだかカールブッセの「山のあなた」を思い出してしまった。


       山のあなた
   
           カール・ブッセ(上田敏訳 『海潮音』より)


     山のあなたの空遠く

     「幸さいはひ」住むと人のいふ。

     ああ、われひとと尋止めゆきて、

     涙さしぐみ、かへりきぬ。

     山のあなたになほ遠く

     「幸さいはひ」住むと人のいふ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hathat.blog39.fc2.com/tb.php/125-7e88feea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。