上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮沢賢治の『注文の多い料理店』の序に、こんな言葉があります。

なんのことだか、わけのわからないところもあるでしょうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、どんなにねがうかわかりません。


スピリチュアルなイベントに参加して、それぞれで成功と失敗があり、その都度に自分をいかにクリアーに、透明にするのが大事かを思い知っています。

私には人の守護霊を見たり、守護天使を見たり、未来や前世を見たりチャネリングする能力はない(開花してない?)けれど、本当は無意識の中で本人がわかっていること、感じていることを意識に引っ張り出すお手伝いはできる時が、やっぱりあるかもと思うのです。

お金を掛けてスピリチュアル系の勉強をして、いろいろなものが見えたりわかったりして(つもりになって)、悩んだり迷ったりしている人の援助にはなるかもしれないけれど、一番の援助になるのは、やっぱりその本人かも・・・と思うのです。
誰かを援助したという、その満足感が自分を癒すのだろうと思うから・・・
必要とされる充足感は至福の感覚をも生むだろうから・・・
だから、見てあげた人よりも自分の幸せのほうが加速していくのだろうと思うのです。

そして、見てあげた人も幸せのサイクルに乗れていればいいのだけれど・・・
転機になって上手く乗れた人も勿論あるだろうけど、そうならずにスピリチュアルジプシーになってる人も多そうに思うのです。

私は、きれいな花をぽんと渡すのではなく、種を見つけてあげる人で、渡せる人でありたいと思うのです。
たくさんの情報やしがらみ、思い込みや常識の中で埋もれているかもしれない種を、一緒に見つけていきたいかも・・・なのです。
何故なら、その人が種を見つけて、その事柄の意味に気づいた時に初めて、本当の意味での内なる力が呼び起こってくるものだと思うから。
そして、その力の光は消えたように見えても、消えることのないものだから。

その種は、手放しで喜べるようなものばかりとは限らないけれど・・・
そしてその種は、当然、自分自身でしか咲かせることができず、どんな花が咲くかどうかもわからずお世話をしていかないとならないのです。
見えないものほど不安になるものはありません。
だけど、自分の中にあった種が、変な風に育つわけはないのです。
もし変な風に育ってしまったら、それは純粋な自分が育てたのではなく、雑念に感化された自分が育ててしまったのです。
私は、雑念をひとつでも取り外してあげれるように、私から発するものが雑念にならないように、かつ私自身が雑念に包まれないように、そういう人になっていきたいと思っています。

この世に生れ落ちた誰しもが、純粋で豊かで、強くてあたたかく透き通ったこころと直感を持って生まれてきたのですから。。。

と・・・勝手なことをほざいてしまいました(シ_ _)シ 

スポンサーサイト
久々のお休みを堪能~♪
お天気もよいので、近くの梅林園(?)へ出かけました。
PCを直していないので、写真が添付できませ~んが、
リフレッシュして、豊かさ貯金をいたしましょ( ´ー`)。oOうっとり~

来週の土曜日3月3日は、言わずと知れた「雛祭り」。
帰ってきてから、男雛と女雛だけの小さな小さなお雛さまを出したけれど・・・いつも適当な日に出していた私・・・こんな感じでいいのだろうか?・・・と今更ですが(^_^;)

「3日を過ぎたらお雛様を早くしまわないとお嫁に行き遅れる」と言いながら、子どもの頃は毎年飾り付けをし、バタバタと仕舞っていた母親でしたが、飾り付ける日は特に決まっていなかったような気がします。
1年に1回は風を通さないと顔がカビるから・・・とも言っていたけれど(^o^;アハ

一説によると「雨水(うすい)」の日に飾り付けると、「良い伴侶に恵まれる」と言われているそうですが・・・
「雨水(うすい)」っていつ~(?-?)

二十四節気の1つである「雨水」は、立春の次にあたり、雪が雨に変わり、積もった雪も融けだす頃とされているそうです。
東京地方は未だに初雪は降らず・・・こんな陽気なので今年は降らないと私はとうにあきらめモードでいるけれど・・・ねぇ、どうなるか。
なんだか、今度の水曜日は雪が降るとかなんとかね。

んで、今年、その「雨水」はいつかというと・・・2月19日・・・だったのでした(・・;
(^o^;アハ、もう過ぎてしまいました~。

他には、「立春以降で大安の日がよい」とも言われており、それは22日・・・あ、これも過ぎちゃったね~(;^_^A アセアセ・・・
その次の大安は28日の水曜日・・・すぐに仕舞う日が来て忙しいね~。それにもしかしたら雪かも~(--

仕舞う日は3日を過ぎたらなるべく早く、啓蟄までにと言われています。
今年は6日の火曜日。そして、ちょうど今年は啓蟄と大安が重なります。
二重のご縁、いい縁があるにこしたことはないものね。
そこに執着する必要はないけれど、いただいた縁を大事にできればと思います。


そう言えば、秋田の山ん中の生後間もない小熊の元に、人に驚いて威嚇して追いやられてしまったお母さん熊は戻ってこれたのだろうか・・・残されてた小熊は大丈夫だったのだろうか・・・まだ目も開いていない小熊。いつもなら、5月まではまだまだ冬眠中だったはずなのに。。。(。-_-。)/。
今日は、真っ白なサラダボール皿のような三日月でした。
まだ太陽の光が残る黄昏時に見ていた月は、ただきれいだな~と思っていたのに・・・何故か闇夜の中では揺れているように見えるのです。
中に入っているものがこぼれそうに見えるのです。
大体は、水がこぼれそうに感じるのだけれど・・・そう、ちょっと不安気で悲しそう。

そんな時は・・・
ちょっとお疲れモードなのかもしれません。
そう言えば、ある決まったことをしている時に胃が痛くなっていたり・・・
いつもと大差ない睡眠時間のはずなのに、お散歩後にコクリコクリと居眠りしてしまったり・・・
相変わらずPCは音が出ないし(直してないって(-_-;)<おいおい)・・・
久々にタイガーバームのお世話になっていたり・・・

前飼っていた猫は、当たり前だけどこの匂いが嫌いで、私がこの軟膏をつけてしまうと、何故だか自分がつけられてしまったかのように、ペッペッと舌を出しながら前足を振りながら逃げ歩くのでした。(*^m^*)
でも、すっかり元気になったミニチュアブルテリアのらんぐ君は、全然お構いなしのようです。
犬が嫌うと言う、しつけ用のアップルスプレーも柑橘系の果物も全然平気だし、辛子だってワサビだって、キムチのたれだって、ものともせずに舐めちゃったしな~(*o*)
恐るべし!

疲れているけど、もうひとぐわんばりしないとです。
今月も「すぴこん」なるものに出ることになりました。
キャンセル待ちをしていたのだけれど、やっぱり(?)通って。
東京会場は出展料がお高いので、タロットの会社の方と一緒の出店です(^o^;アハ
どれどれ、一目見てみようという方は、25日(日)両国、国際ファッションセンタービルにて。10:30から19時までおりますわな(たぶん・・・きっと・・・できる限り)。
前の日・・・泥のように眠るつもりだから元気にはなるけど、外身ボロボロは変わらないかも~(。><)

って、今頃告知するのもどうかって感じですが・・・

そうそう、出張もしておりますです<(_ _)>
従来のタロットとは違う、人生の流れをも読むタロットカードに興味のある方はお試しあれ~。
ヨイトマケの歌」を聞いた。
つい先日、あるTV番組(「Dの劇場」だね)で米良美一氏が歌っていたのだ。
不覚にも涙がでてしまったや(_ _*).......
きっと、米良氏の「初告白」という生い立ちや難病の話とあいまってのことだろう。
いい内容でした。出演者が、若いウェンツ君以外、みなボロボロでした。

実は、フルコーラス聞いたのはこれが2回目で、1回目は先月(?)美輪氏の出演しているTV番組(「ゲツヨル」とかいうやつ)で美輪明宏氏本人が歌っていたものを録画したビデオでだった。
この歌を歌うときは黒髪と決めていると言って、美輪さんらしい独特な歌い方で歌っていた。
リアルタイムの時・・・生まれてはいたんだけどね(^_^;)
そうとう流行った歌だから、夢うつつで聴いているには違いないけど。

「土方」という差別用語が歌詞にあるということで、NHK以外の民法は放送を自粛したそうだが、2000年桑田佳祐氏が民法TVで歌ったことをきっかけにか、時折り放送されることがあったらしい。
泉谷しげる氏はじめ、大竹しのぶ女氏とか槙原氏とか、いろいろな人がカバーしているらしいし、北野武氏の映画「TAKESHI'S」でも美輪明宏氏が歌うシーンがある。

「えんやこら~♪」って、単なる掛け声だとず~と思っていたら、「ええんや、こら」という意味だったって、はじめて知った。
そうなるとまた違った意味あいに膨らんでくる。

誰もが感じる母親の愛、母親への愛・・・
無償の愛だけど、そんなこと考えもせずにできてしまう親の愛。押し付けることのない愛。注ぐ方も受ける方も強く育つ。。。人としての根っこが育つ。。。

美輪氏の「ヨイトマケの歌」が母親からの目線なら、米良氏の「ヨイトマケの歌」は子どもからの目線かもしれない。
これからもず~と「ヨイトマケの歌」を歌い続けていくと言う米良氏・・・美輪氏の歌に並ぶものがあるように思う。

「病気と歌の才能はセット」と言う米良氏の顔は、長いトンネルを抜けて晴れ晴れとしているように感じたのでしたん。
もし、健康な子として育っていたら、退屈な入院中に松田聖子の歌真似をすることによって裏声を会得することもなく、カウンターテナーにならなかったのだろうから。

夕ご飯食べながら見てて、ごめんなさいです<(_ _)>

2007.02.16 学びの種。
犬のらんぐはすっかり元気になり、連休明けからは以前のようにひとりで寝せるようになりました。
ただ・・・ひとりでお布団に潜れない時があるという、信じられないくらいぶっきっちょな犬なので、今度は鼻水がたらり~と( ̄∇ ̄;)アハ
グレードアップされたごはんをバクバク食べているので、3キロほど落ちた体重ももう半分くらいは元に戻っています。

以前飼っていた猫の時は、一つの病院で間に合っていて、それが普通だと思っていたのですが、なんと今回は3つの病院を回ることになりました。
病院によってこんなにも得手不得手(?)があることにびっくりでした(^^ゞ
外科が得意でインターンを抱える病院はなにかと大袈裟にし、手術に持って行きたがるし、そうかと思えば、入院はストレスになるからうちではさせません、重病の子は診ませんと決めてるところもあるし、犬より猫が得意なんだけど・・・とか、前に何かあったの?と疑いたくなるくらい、患者犬に触らない獣医もいたり・・・とか、いやいや、ほんとにびっくり(≡≡;) !!!
人間の病院のように得意分野を看板にしておいてくれると助かります。
そんなこんなで、らんぐには診察券がすでに4枚あります。
5歳を過ぎたから主治医をちゃんと決めないと、と思っていた矢先のことだったけれど、どうも主治医の一本化はできそうにありません。

おまけに、らんぐのことが心配な気持ちは同じなのに、姐さんのやり方や考え方が理解できず、その行動にちとキレかかってしまったりして(^o^;アハ
これがパートナーで子どものことだったら、バトルになってたかも~(;^_^A アセアセ・・・
言った後に後悔するようなこといっぱい言っちゃうのかも~。
心配に、大事に思う気持ちは一緒なのにな~。δ(⌒~⌒ι) とほほ...
こんなところにも人生の学びの種が転がっていました。

頭の中で何を考えていようと、思考は自由でありたいと思うけれど、それを言葉として口にする時は、自分のこころの在り様を確認した上でできるといいと思います。
思ったことをすぐに口にするのではなく、腹まで一息落とす感じ・・・その時間差が、その余裕が言葉を選ぶことにもなるだろうから。
言葉は、人を攻撃するためにあるものではなく、理解し合うためにあるものだから。。。
(( ̄∇ ̄;)アハ~、もっと早く気づいていればね~)

先の見えない不安+緊張×疲れは20・・・いやいや15日間が限度です。
今度はこっちの体調がやばいかも…と、久々に霊気(癒しのハンドパワーのようなものです)の交流会に行ったのだけれど、その好転反応というかなんというか、疲れと胃の不快感が表に出てきてしまいました。
勿論、見えない中に溜め込んでしまうよりは素直に症状として表に表れてくれるほうがいいのです~。
安心+だらだら=とにかく眠い、になってしまっている今週・・・
いかん、いかん、お仕事溜まってまする・・・(Θ。Θ)ウトウト...(o_ _)oグー...
「消しゴムで消せない言葉」・・・どなただったっけ? 柳沢厚生労働大臣の例の発言を受けて、コメントをしていた政治家の言葉。
TVのスイッチを入れたと同時に飛び出してきた言葉でした。

言葉は厄介なものです。
ふっと、何気なく出てしまう言葉が、自分でも気づかない本音の言葉だったりもするから。
いや・・・はっきり言ってしまえば、自分の中にない言葉は、口から出てくることはできないのですが。
でも、気づかない、気づきたくない、そんなわけはないと思うから、当然取り繕って否定するしかなく・・・
普通の人ならともかく、立場のある人は注意しないといけない難しいものです。
時々出てしまう女性蔑視のこういう言葉は、男が弱さを認めたくない証のように思えたりします。

もっと単純に生きられる世界だった頃は、自然というものや何やら大きな力によって、人間は自分の弱さを否が応でも味わうことになり、それを乗り越えることで強さを手に入れてきたような気がするのです。本物のね。

とか言っても、私もなんてたくさんの「消しゴムで消せない言葉」を言ってきたことでしょう・・・(_ _。)・・・
なる~べく、でき~るだけ、そんな言葉は言わないようにしたいのだけれど、何がその人の地雷に触れるのかはまた微妙な問題で・・・また時間差で効いてしまうこともあったりしてね(^_^;)
同じことを言っているつもりでも、受け取る人によってその反応は、ほんと人それぞれなんですもの。そこまでも責任は持てません。
だから過去の失敗を繰り返さぬよう、心掛けている現状です。
だけど、そんな自分だから、「消しゴムで消せない言葉」(柳澤大臣に限らず)をいう人を、怒りとは違う目で見れるようになってきたのかもしれません。

だけど、これだけは言っちゃーあかん!と思うものは、「目には目を。歯には歯を。」になる言葉。
ここからは碌なものが生まれない。p(・∩・)q

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。