上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々のカウンセリング教室。
12月も、先週、先々週も行けなかったから・・・ほぼ2ヶ月ぶり。
1ヶ月に最低1回は出席したいのだけれど・・・まぁ、そういうときもあるさ。

今日は「フォーカシング」の先生(書籍も出している近田先生)が来てくれる日。
本来は事前の出席予約をしなければいけないのだが、当日の電話で滑り込みOK!
日頃の行いがいいから、ついてるね♪ (* ̄ー ̄)v

ジェンドリンがロジャーズの考えを受けて、発展させていった「フォーカシング」。
いまではいろいろな技法が生み出され、日々進展している。
ドリームワークもプロセスワークも、ハコミセラピーもフォーカシングが元になっている。
個を超えた変性意識状態に重きを置くトランスパーソナルだって、スピリチュアル系をプラスしたものだって、ジェンドリンが考えた基本的なフォーカシングがなければ始まらない。

理論好きな理屈っぽい傾向のある人(σ(^^;)はベーシックなフォーカシングを好み、スピリチュアルなものが好きで感覚的な人は身体を使ったフォーカシングを好むような気がする。

今日はある意味対極の「セラピスト・フォーカシング」と「ホールボディ・フォーカシング」を体験。
面白かった~ヽ(´▽`)/~♪

3月に「ホールボディ・フォーカシング」の講習会が神戸・大阪・東京で開催される。
発案者(?)が来日しての通訳つき。
興味のある方は日本フォーカシング協会のHPを見てみてくださいな。



「フォーカシング」とは・・・
... 続きを読む
スポンサーサイト
今日は久々のタロット教室。
いつもは第1木曜日なんだけど、お正月ということで第4の今日になりました。
おまけに新しい占法を教えていただいた。

ケルト十字の上級編なんだけど、販売されている本には載っていない占法。 ( ̄m ̄*)V♪
16枚のカードは、過去現在未来は勿論、本人のパーソナリティや隠れた敵、障害や可能性、無意識までを顕わに浮かび上がらせてしまいます。

かなり・・・すごい。(ただし、ちゃんと読めたなら|ヽ(~~。) )

設問は、前々から切るに切れない関係について・・・ ( ̄m ̄*)

去年の3月で終わりにしようかな・・・と思っていた関係。
だけど、ちょっと利己的な気持ちがあったので、そのままズルズル、ズルズル・・・中途半端に続けていました。
でも、12月に方向性の違いがはっきりしたので、今度こそ止める決心を伝えなければと、自分にも言い聞かせなければと思っていたのでした。

... 続きを読む
やっとやっと、パイプオルガンが聴けた(@^o^)♪
生音は久しぶり~~~!!

毎月第4木曜日に横浜のみなとみらいホールで開催されている1ドルコンサート。
ランチの後に、パイプオルガンの心地よい調べをどうぞ~って感じでしょうか。
演目は4曲でちと少ないけど、何て言ったって1ドル(100円)だからね。

丁度、モーツァルト生誕250年に当たる今年なので、今回の演目も3曲はモーツァルトでした。
5歳で天才的な才能を開花し、流暢に作曲をしたモーツァルトは「生まれ変わり」とも言われています。

そんなモーツァルトですが、オルガンの作曲はなんとお金のために嫌々したのだそうです。
現存するのは5曲のみで、そのうち2曲は断片のみ。
完全な形で残っていて、現在も演奏されている3曲を聴くことが出来ました。

たしかに蝋人形館のために作曲を依頼されて書かれたため、人形が踊っているイメージが湧いてしまう作品もありますが、そこはさすがの天才モーツァルト!
客寄せのための作品でも、美しい音律でした。

ただ、個人的には「ファンタジー ヘ短調」が心地よい。
やっぱり、パイプオルガンは低音の重厚感が魅力。

来月は、2月22日。
バッハの「トッカータ」とワーグナーの「タンホイザー」からの演目もあります。
ん~、行きたいけど・・・難しい日にちだ・・・ρ(・・、)
毎月25日が納品の〆日。
だからその前は、忙しい・・・

ん~、でも、トッカータ、聴きたい!!
ライブドアがすごいことになっている。

難しいことはよくわからないが、ここまで「出る杭」撃ち…(討ち?)の効果が波及してしまうなんて、言いだしっぺ(・_・?) ン?は思いも寄らなかったことだろう。

デイトレ・・・手ー出さなくてよかった~( ´ー`)
ネットビジネスで30万ドボン位で済んでよかった~δ(⌒~⌒ι)

だって、もっといろいろ学びたいわけだから、不労収入考えるでしょー アハハ~(*^▽^*)ゞ
もう1年半くらい前の話だから時効に・・・

ネットサーフィンも飽きてきた頃だし、デイトレとネットビジネスどっちにしようかな~と思ったのさ。
でも、オメメに自信の無い私。すぐに充血するし、とっても疲れやすい。
ず~とパソコンのモニター見てるなんて失明まっしぐら!ってわけで、結局ネットビジネスになったのさ。

(^◇^;)> イヤァ~、いろいろ勉強させていただきましたわさ~。
ネットビジネスもいろいろなものがあるけどね。
商品は気に入っててもやっぱり割高、そりゃそうだ!

大体仕組みは同じかな・・・
「ネットビジネスの裏表」なんていうブログも書いてましたわ、その頃は・・・ (= ^ ^ ゞ
もし、万が一、考えている方がいたら、ご一報くださいましな。
経験した範囲だけど、分ることなら伝えられるざます。( ̄- ̄)ゞ 


やっぱり、私ついてるな~♪
もし、デイトレやってたら、間違いなくライブドアの株持ってたもの。
やらなかったおかげで、借金背負わなくてよかったものね~

ここのところ露出の多いホリエモン。
この前の細木○子との番組を見て、ライブドアの株を買った人っていると思うのよね~。
これって、「風説の流布」と言えばそうかも。
ただ、流した人の信頼度にすごく偏りがあるけれど。
政治家の話のときはちゃんと気を使っていたけれど、実業家の場合も気を使わないとならないかもね。

たかが占いだけど、されど占い。
公開番組で、「これから、どんどん業績が上がるから・・・・」みたいな発言が一言でも出れば、他の注意点は聞こえなくなってしまうかもしれない。
兎に角ね。出すぎね、ホリエモン。

まぁ~、流れの中で儲けたお金。
全部水に流れるリスクの覚悟が無けりゃ痛い目に合うだけ。
世の中そんなに甘いものじゃありません!
かなりきつい教訓になった人、かなりいそう・・・
こんなはずじゃなかったのにね。 (-_\)(/_-)ウゥ

きっと、知っている人も多いと思うけど、
茨木のり子の「自分の感受性くらい」という詩です。


  ぱさぱさに乾いてゆく心を
  ひとのせいにはするな
  みずから水やりを怠っておいて

  気難しくなってきたのを
  友人のせいにはするな
  しなやかさを失ったのはどちらなのか

  苛立つのを
  近親のせいにはするな
  なにもかも下手だったのはわたくし

  初心消えかかるのを
  暮らしのせいにはするな
  そもそもが ひよわな志にすぎなかった

  駄目なことの一切を
  時代のせいにはするな
  わずかに光る尊厳の放棄

  自分の感受性くらい
  自分で守れ
  ばかものよ


この人の詩は、戦中戦後を生き抜いた女性の力強さと、やるせなさ、
憤りの奥に深いものがあって、いつも考えさせられます。


せっかく自分で感じたものなのに、他の人に合わせてばかりいたらもったいない。
他の人と感じ方が違ったって、意見が違ったって嫌われるとは限らない。
一見強く見えるものにあわせてばかりいると、知らず知らずのうちに自分が無くなってしまう。
自分の思いは自分で守らないと。
自分しか分からないし、自分しか大事にはしてあげれないものなんだから。

そうやって、自分で自分を育ててあげていくその先に、きっと強さが生まれてくるのだろう。
そして、強さは優しさでもあり、深さでもある。
ちょうど、ダイヤモンドの原石を磨いていくように、自分の感性を大事にしていくのだ。

自分を大事にしていない人が、何故他人を大事にできるのだろうか・・・
そういうことは無意識で伝わっていってしまう。

わたしを束ねないで

     新川 和江作

わたしを束ねないで
あらせいという花のように
白い葱のように
束ねないでください わたしは稲妻
秋 大地が胸を焦がす
見渡すかぎりの金色の稲妻

わたしを止めないで
標本箱の昆虫のように
高原からきた絵葉書のように
止めないでください わたしは羽ばたき
こやみなく空のひろさをかいさぐっている
目には見えないつばさの音

わたしを注がないで
日常性に薄められた牛乳のように
ぬるい酒のように
注がないでください わたしは海
夜 とほうもなく満ちている
苦い潮 ふちのない水

わたしを名づけないで
娘という名 妻という名
重々しい母という名でしつらえた座に
座りきりにさせないでください わたしは風
りんごの木と
泉のありかを知っている風

わたしを区切らないで
「、」(コンマ)や「。」(ピリオド) いくつかの段落
そしておしまいに「さよなら」があったりする手紙のようには
こまめにけりをつけないでください わたしは終わりのない文章
川と同じに
はてしなく流れていく 広がっていく 一行の詩


この詩は、中学3年生の教科書に載せられていたそうです。
作者は、女は家にいて家事と子育てが当たり前という時代を過ごしてきた人です。
それなのに、この詩には今の私たちにも当てはまるところがたくさんあります。
この詩から、何を感じて、何を得てましょ・・・
そして、何をするために一歩踏み出しましょうか…
幾つかのメルマガを読んでいます。
その中で素敵な詩を見つけたのでご紹介。
そのままコピーして載せました。

折りしも、明日17日は阪神淡路大震災から11年目の日。

いろいろな思いが湧くことでしょう・・・
いろいろな思いを感じて、見てください。


★今日のフォーカスチェンジ♪
--------------------------
今日のメッセージで紹介しているのは、
今月末上演される、横浜市青葉区小中高生ミュージカル
http://homepage2.nifty.com/dorama-net/
のメインとなる曲の歌詞です。

よかったら、曲を聴きながら、
読んでいただけるとうれしいです。
http://homepage2.nifty.com/dorama-net/2006uta-shiranai.htm


「私たちは知らない」

  風に吹かれて 花たちが
  さざめいていたというよ
  川面(かわも)光らせ さかなたちが
  およいでいたというよ

  はるかそらのかなた
  そのちいさな地球(ほし)の上で

    そんな当たり前の幸福(しあわせ)を
    私たちは知らない


  雨上がりの朝 くものすに
  にじが かかっていたというよ
  落ち葉かさこそ ふみしめて
  どんぐりを あつめたというよ

  はるかそらのかなた
  そのいとしい地球の上で

    そんな当たり前の幸福を
    私たちは知らない


  足あと追いかけ 雪のうえ
  どこまでも 駆けたというよ
  吹雪のおとを 子守唄に
  春を 待ちつづけたというよ

  はるかそらのかなた
  その青い地球の上で

    そんな当たり前の幸福を
    私たちは知らない


  はるかそらのかなた
  その美しい地球の上で

    そんな当たり前の幸福を
    私たちは知らない


この作者「かめおかゆみこ」さんは、私が始めて登録したメルマガの発行者。
こんな風に、説得力のある言葉を使えたらな~と尊敬が止みません。

とってもポジティブな方だけれど、それだけポジティブになれるということは、
同じくらいネガティブに傾いたこともあるということで・・・
たぶん私よりも若い方だけれど、いろいろな経験をされていると思います。
転んでも、ただじゃ起きあがらないパワーが魅力♪
いつか会いたいな~と思う人でもあるのですが、なかな機会が(^^ゞ

いろいろなことをされているので、是非HPを見に行ってくださいな。
メルマガもお勧めです♪

   ☆今日のフォーカスチェンジ  ~気づきのメッセージ~☆

       http://homepage3.nifty.com/kaishin-juku/

2006.01.14 夢。
今日の東京は本降りの雨。
おまけに地震と冬には珍しい雷と・・・
雷・・・実は大好きなんだけど(^^ゞ

イメージワークのセミナーの日だったのだけれど、
やっぱり1月は年末年始に時間をとられてしまうので、行けません。
初めから予想はしていたことではあるけれど、
まぁ、再受講もできるのでその時にでもまた・・・考えよう。

なんてったって、作ってなんぼのお仕事です。
やればやっただけ収入になるし、サボればお金は入ってきません。
今年1年も、まだまだこんな感じが続きます。

初めてのカウンセリングの先生から賀状に「あなたの夢は?」と書いてありました。
この先生は、今ちょうど自分の夢に向かってまっしぐら!
なんと、お山をひとつご購入~(◎_◎) おっ!
以前より顔がちょっときつくなってしまっているけれど、
大きな夢が動き出しているのでそのくらい仕方ないでしょ。
里親も今は3人目。口先だけじゃないところがとても尊敬できるところ。
桜の季節に、またデートを申し込みましょ♪


あなたの夢はなんですか?

その夢を実現するために何をしていますか? 何をしようとしていますか?

その夢が叶ったらどうなっていると思いますか?

そして本当に欲しかったものは手に入っていますか?

2006.01.13 風邪菌。
風邪菌がシュ~と喉に入ってくることがある。
そういう時は決まって咳が出る。
やばいかな~と思ったら案の定、頭が痛くなってきた。
でも、らんぐ(犬)のお散歩には行かないとならないし・・・

あ、こういうときのために「レイキ」?
普段、12ポジションとやらはほとんどやらないのだけれど、
とりあえず頭頂部への4ポジションをやってみる。
( ̄-  ̄ ) ンー なんとなく治まってきた?かな・・・

今のうちお散歩、お散歩・・・o(^^ )o--------⊆^U)┬┬~...

夕食前にもう一仕事したいところだけれど、やっぱりかったるい感じ。
眠いわけではないのだけれど、なんかグズグズ。
TVついててもいいのかしら・・・と思いながら、また「レイキ」をしてみた。
今度は「風邪とインフルエンザに効くレイキ」とやらを。
まだ頭痛だけなんだけれど・・・まぁ、いっか。
頭頂部の4ポジションにプラス、喉と胸。
( ̄-  ̄ ) ンー なんかいい感じ。孫悟空のワッカが消えたかも。

このレイキ手法は同時にバッチ・フラワー・レメディも試すといいらしい。
ウォルナット、オリーブ、クラブアップル、クレマチス、ホーンビーム、マスタードの
レメディを混ぜたものは内的な浄化とヒーリングを強化・促進するそうだ。
マウントフジのフラワー・エッセンスは体験したことがあるけれど、
バッチ・フラワーのはまだ体験したことがない。

風邪にかかるのは、何かが重荷になっていて、身体のシステムが
ストレスに苦しんでいるサインであることが多いという。
だから、下手に薬を飲んで治そうとしない方がいいという話もあるね。

今日は寒かったからね。
温かくして早く寝ましょう。。。
2006.01.12 FAX
ついにFAXがいかれたようだ。
途中から真っ黒になっているとのこと。
ずいぶん時間が掛かっているな~と送っている時に思ってはいたのだが・・・

もう10年以上のお付き合い。
まず子機が調子が悪くなり、買い足すかどうしようか迷っていたら、次はFAX。
そろそろ変え時かな…とは思っていたのだが。 ┐(´ー`)┌ ヤレヤレ

この電話機にはハンドコピーという代物がついている。
大事な本や図鑑など見開きでコピーしにくいものも、このハンドコピーでなでるだけでコピーできてしまうのだ。
本が傷まないし、必要なところだけコピーできるのが、グッド!
そこが気に入って買ったのだけれど、最近収まりが悪くなっていて、「ピ、ピ、ピ。ハンドコピーが外れています。セットしなおしてください。」と勝手に喋るのである。
五月蝿いほどではないけれど、そろそろお疲れさまかもしれないね。

慣れ親しんだものを手放すのは寂しいものだけれど、新しいものが来るのはまた嬉しいもので・・・
でも、そんなに困ってるわけではないから、きっと当分このまま~(m~-~)m
2006.01.10 やきぐり。
蔵前にあるリボン屋・木馬に行ってから、浅草寺と浅草神社へ。

実は3日の日に来たのだが、あまりの混みようにお参りは断念したのでした。
2日のお天気がよくなかったので、3日に集中してしまったのかもしれません。
早々にあきらめて、お年賀だけ買って帰宅。
こんな混んでる日にお参りしても、どれが誰の願いだか宣言だか、
さすがに分らなくなってしまうそうですから・・・ヽ(~~~ )ノ?

仲見世通りから一本右に反れたところに、いい匂いを出している焼き栗屋さんがありました。
遠赤外線の高圧力釜で蒸しているそうで、横浜中華街の聘○楼の焼き栗よりも、
ふっくらしててホクホクで美味しくて、大きくて食べやすいのです♪

今日も買って帰ろうと思っていたのに・・・ない、ない、ない!!
え~、なんで ρ(-ε- ) イジイジ
松の内だけの出店だったのか・・・
そう言えば、店の中はがらんとしてたものな・・・
店頭にはのぼりがはためいていただけだったかも・・・
仲見世にも商店街にもそれらしきものはなく・・・
あとどこで見たっけ( ̄~ ̄;)ウーン
東京駅(・_・?) 、新宿(・_・?) ・・・今からは行けないよ(><。)。。

と、そのくらい美味しかったのです。
このやきぐり屋さん「比沙家」と言います。

まだまだ店舗が少なくて、祭事に出ることが多いみたいですが、
これからどんどんお店が増えることを願います。
見かけた方はご賞味あれ♪
損はしません!

yakiguri

栗の皮がパックリ割れてて取り出しやすいの♪
今日は、渋谷の桜ヶ丘で行われている「東京メンタルフレンド研修会」に始めて参加してきました。

ここの主催者・高橋先生は、臨床心理であり、牧師であり、獣医であり、
そしてホースセラピストでもあります。
72年から不登校の子どもたちとの共同生活を、82年から研修会を始めました。

研修会の他、大須成学園や好文堂教室、ボランティアの育成・派遣などいろいろな活動しています。主に登校拒否や引きこもりの子どもや家族を対象としたケアをしています。

都内のほかに静岡や山梨、香川にも活動の場があります。
興味のある方は登校拒否文化医学研究所=登文医研(トウブンイケン)のHPを見てくださいな。
ただ、かなり忙しいと思われて、ほとんど更新されていません(^^)

自分がボランティアをする時間がとれるのかどうか・・・まったく見当もつきませんが、
時間を作って研修に参加していきたいと思います。

細々とカウンセリングの勉強をし続けていますが、
ほんとに子どもたちは未来の宝なのだと思う今日この頃です。
大人世代をあきらめているわけではないのですが・・・

2006.01.07 七草粥。
今日は七草粥の日。ちゃんと食べましたか~♪

春の七草を使って作った粥は1年の無病息災を願って、今日1月7日に食べます。
厄払いと健康を祈りつつ、今年も元気で過ごせますようにとの願いを込めて。

ところで春の七草を全部言えますか?
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、仏ノ座、スズナ、スズシロ~、てね。

七草粥は正月の御節や餅で疲れた胃を休ませるため、青い物を食べる日と言われていましたが、
最近は御節やお雑煮を食べる家庭も減ってきているかもしれません。

家では、一緒に住んでいる姐さんが御節もお餅も、お粥までも嫌いなので、
お正月らしい料理はほとんどしませんo( _ _ )o ショボーン
いつも一人分だけ、お雑煮を作り、お粥を炊き、お汁粉を作ります。
ちょっと寂しいけど、仕方ないね。

旦那と一緒の時は、盆栽のような七草セットを買っておいて、
7日の朝に食べていたけれど・・・(半ば無理無理食べさせる~(^^ゞ)
最近は七草のフリーズドライなんかもあって、便利になっているものです。

こういう季節の行事は忘れたくないので、一人でも食べるさ~!
子どもの頃は御節のありがたさも知らずに、好き嫌いしてほんとに申し訳なかったさ。<(_ _)>
田舎の方は、じいちゃんと孫が七草摘みに行ったりするのかな~

あと、七草の日は初めて爪を切る日と言われ、セリなどを浸した水に指を入れてから爪を切れば、
一年の間爪の病からのがれると言われていますね。

考えてみると、秋の七草がどれも見て楽しむ植物なのに対し、
春の七草はすべてが食用、しかも越冬の強い植物。
冬枯れのこの季節に緑黄色野菜を取り入れて、健康を願う。
昔の人はほんとに知恵があります。

 【効能】
●せり……消化を助け黄疸をなくす
●なずな……視力、五臓に効果
●ごきょう……吐き気、痰、解熱に効果
●はこべら……歯ぐき、排尿に良い
●ほとめのざ……歯痛に効く
●すずな……消化促進、しもやけ、そばかす
●すずしろ……胃健、咳き止め、神経痛
写経をしようと思ったのだけれど、あまりの寒さに手がかじかんでしまう。

この家はとっても寒い。
ストーブの設定温度は26度にしてあるのに、温度計は15度・・・なんでやねん(- -;) 
去年よりもやっぱり寒い。

寒いと余計に動かなくなるからまずい。
でも、ほんとは動かないから寒いのだ。

おまけにクリスマスからず~と甘いものが続いているので、これまたやばい。
今一番怖いのは体重計・・・(((p(>v<)q)))!!

じゃない! それより怖いものあった!
電気使用量の請求書ウギャーー ((((/*0*;)/

エアコンとガスストーブとホットカーペットとデロンギと赤外線ヒーター・・・
何が何台あるかは聞かないで・・・ (; _ _ )/

今年は戦後初めての大寒波。
日本海側は大変なことになっているのに、東京住まいでこんな感じでほんとに申し訳ないです<(_ _)>

少しでも雪の被害が抑えられますように・・・(。-_-。)/
2006.01.02 宝船。
正月2日の晩に「宝船」の絵を枕の下に敷いて寝ると、演技のよい夢を見ることができると江戸時代は信じられていました。

そしてその「宝船」の帆には、回文(上から読んでも下から読んでも同じ文句になる文)が書いてあります。
その回文を3回読んでから眠るとよい夢が見られ、幸運を得るとされました。

江戸では「お宝売り」という商売があり、「おたから~、おたから~」と言いながら、この「宝船」の絵を売り歩いたそうです。

今の宝くじを連想してしまうのは私だけ?
去年生まれて初めて買った宝くじ・・・結果はとうに出ているのに、出掛ける日は持ち歩いているのに、未だに怖くてチェックしていません。(^^ゞ

「長き世の遠の眠り(ねふり)の皆目覚め 波乗り船の音よきかな」

ん・・・もっと早く載せればよかったです。ぺこ <(_ _)>


1月からは就寝時間を1時間早めるぞ! との誓いもどこへやら・・・
年が明けてからず~とベッドに入る頃は、3時くらいのところに時計の針があるような・・・
そんな時間だから、1分も経たないうちに眠れるのは当たり前(?)
おかげで夢も覚えておりませぬ ρ(・・、)
バタバタしているうちに、年が明けてしまった。
年内にやっておきたかった仕事もできず、
お付き合いが続いて掃除もままならず・・・
早くから構想は決まっていたのに年賀状書きもこれから。┐( ̄ー ̄)┌

年賀状といえば、どのお祝いの言葉「賀詞」を使いますか?

  ●謹賀新年 …… 謹んで新年を祝うこと。

  ●恭賀新年 …… 恭しく新年を祝うこと。

  ●賀正   …… 新年を祝うこと。

  ●迎春   …… 新年を迎えること。

  ●頌春   …… 新年をたたえること。
 (しょうしゅん)

他にもいろいろありますね~
私は子どもの頃から「迎春」という賀詞が何故か好きで、今に至るまでず~とこの文字を使ってきたのですが、な、な、なんと、この「迎春」目上の人には失礼に当たるそうです。 アッチャ ( > < ;)//

今の今まで知りませんでした<(_ _)>

「賀正」や「迎春」などの2文字の言葉は簡略化した表現となるからという理由からだそうです。

もう今年は書いちゃったよ~
来年は気をつけま~す ( ^ - ^")/ ってことで、
今年も幸多く感じられる1年でありますように♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。