上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.13 「仁」
お名前が決まりましたね~♪ 
確か、同じ字を書いて「ユウジン」と読むミュージシャンがいたような・・・
なにはともあれ、いろんな憶測はおいといて、生まれるということはめでたいです!

ところで、何故天皇家の男子は皆「仁」という字をつけるのでしょう?
この度のベイビーも「悠仁さま」ですよね。
遡ってみても、皆「仁」という字をつけています。


面白い話があります。

ひふみよいむな・・・と言えば、大和言葉の数え方。
その後は、やこと・・・となります。
や→8
こ→9
と→10

この1~10には、いろいろな意味があるのだそうです。
そしていろいろなものとリンクされているそうです。

と→10は、「仁」という意味があるのだそうです。
「仁」=「人」ということ。
なんだか、語弊があるかもしれないけれど、
この数字の最後の数、所謂完成されたもの「と」=「仁」は、天皇家男子だけが「仁(=人)」という字を使えるのだというのです。

ん~、ややっこしいね。
端的に言ってしまうと、天皇家男子だけが「人」として完全に生まれてきているので「仁」という字を使える。
他のものは人になるために生まれてくるのでこの字は使えない、のだそうです。


いや~、信じられないような話ですが・・・
今は自由に、余程のことがない限り親が勝手に付けられますね。
そう言えば、悪魔ちゃんってどうしたんだっけ?
確か、裁判の結果認められなくて、数年後両親も離婚したんだっけ?


因みに10のあとは、
も→100
ち→1000
ろ→10000・・・今では「よろづ」と言いますね。

で、言わずもがな、800万→「やほよろづ」。

「千と千尋の神隠し」で一躍メジャーになったと思われる「八百万の神々」とは、文字通り八百万の神々が存在すると言うことではなく、ほとんど無数と言っていいほど多くの神々がいるという意味の総称で「八百万の神々」と言います。
その「八百万の神々」の中には、水の神や日の神や風の神、月の神、雷の神などの自然神もいれば、先祖の神々、すなわち祖先神や氏神もいれば、その土地の神、産土の神もいれば、熊や鯨や犬などの動物神も、天皇や武士・大名や偉人や名も無き死者などの人間神もいると言った感じで、森羅万象で神や霊ならざるものはないというところまで行き着きます。
別にこれと言った宗教も信仰も確固たる思想も持たないけれど、万物に霊宿り、万象に神の働きを見てとる感覚でいたいなぁ~~~と思うのです。
スポンサーサイト
日曜日、ちょっと不思議な催し物に行って来た。
目的はオーラ写真を撮ってもらうため。
原宿や中野なんかでも、探せばどこでも撮ってくれる所はあるのだけれど、ふら~と行って、ちょこっと撮ってもらいたかったのだ・・・と言いつつも計画的なんだけど(・・。)ゞ テヘ
何て言ったって、歩いていけるところでの催し物。行くしかないっしょ♪

写真屋さんでの証明写真のようなものかと思っていたら、全然違った~(¨ )
左手を機械の上に乗せて操作してもらうと、すぐにパソコン画面上にでてくる最新式~。
お、お、おもしろい~~!!
で、もっと面白いのは・・・1秒毎に画像が変わる度に、私の周りのオーラも変わってしまうのだった(;^_^A アセアセ・・・
それもバランスが変わるのではなく、オレンジっぽかったと思ったら、次はターコイズだったりと、全く違う人のもののように・・・(~ヘ~;)ウーン

先に姐さんがやって貰った時は、作業してもらってる間は同じ感じのオーラが現れていたのに、私の場合は目まぐるしく変わるのだった( ̄∇ ̄;)アハ
こんなことはあまりないらしく、作業してくださったスタッフの方を困らせたかもしれない。

それでも一番多く登場している色調と、たぶん私から受けるイメージとを合わせて、プリントするオーラを決めてくださったのだろうけれど、何故だか前の姐さんの画像が残ってて、決定した私の画像が消えてしまった。
もう一度…となって、スタッフの方とお話をしていたら、なんと今度はその方のオーラに同調しだしてしまったみたいで・・・色の幅が変わっちゃった。(°m°;) !
「憑依体質・・・?」と言われ、「あ、言っちゃった(^▽^;)」と返したのだけれど、自分でもそういう感覚が…(憑依じゃなくって!)相手のオーラに同調してしまう感覚が普段からありましたわんヽ(~~。) 
「結構、協調性ないよね」とは後になって言われることがあるけれど・・・( ̄∇ ̄;)アハ

やれやれ、やれやれ、これじゃ、自分のオーラなんて写真には撮れないのかもなぁ~。
ちょっと、な~(・・,) グスン
いまいちよくわからないヒーリングなんぞもしてもらってから、もう一度撮って貰おうと思ってたのだけれど・・・時間待ちもあり、やめてもうた・・・

オーラレポートを読み返す度に、何故か凹み・・・これじゃ占いで気になることを言われて凹んでるのと同じじゃんか(ーー;) と気づく・・・ウメチャエ...( ・・)ノ))_ポンポン
基本的なオーラは変わらないという人もいれば、リラックスの状態で全く変わるとも言われる。
因みに、ストレス&緊張度合い強。(^▽^;)
    エネルギー状態低下。δ(⌒~⌒ι) とほほ...
だけど、チャクラバランスはGOODだったん♪
写真・・・オーラで顔が隠れてたらUPしようと思ってたけど、判別、できちゃう・・・お見苦しいので止めましたん (* ̄Θ ̄*)

でも、こういうとこ嫌がるかな~と思った姐さんに、楽しんでもらってよかったざんす。
1年に1回くらい、機会が会ったらやってもらおっかな~。

さてさて、暴飲暴食で遊んでしまった先週、今週からは粗食にいたしますです( ̄Λ ̄)ゞ んむっ
2006.08.23 神々の像
インド西部ムンバイで18日夜、「海の水が甘くなった」とのうわさが広まり、数千人が海岸に殺到して海水を飲む騒ぎがあったそうな。
真偽は不明だけど、水を飲んだ住民は「本当に甘い。奇跡だ」と口々に話しているという。
「病気になる恐れがある」からと飲むのをやめるよう呼び掛けたって、聖人の奇跡と信じちゃってるんだから止めないさね。
 
そして今度は21日、同じくインドのラクナウで、ヒンズー教の神々の像が信者が捧げたミルクを飲んだと報道され、全土で数千人の人々が寺院に押しかける騒ぎになっているという。
寺院では、神々の像に捧げるミルクを入れた鉢を持った人々が、長い列を作っているそうで、ある女性は「私の手からミルクを飲んだ」と断言し、ヒステリー状態に陥る信者らも出ているという。
信じるものの奇跡だろう。

前に、血の涙を流すマリア像もあったね~。

このミルクが何のミルクかわからないけれど、牛のミルクだったら、成分は血液だ。

お目々バッチリでカラフルなヒンズー教の像を見ていたら、日本の仏像をえらく違うのね~と思ったりして・・・いや、当たり前なんだけど・・・(・・。)ゞ 
何かが違うような気がして・・・他の写真も見ていたら、あ、あ、あ~、ウエスト細いかも? と思いあたった。゛(・・ ンッ?
日本の仏像は大仏さまは勿論、観音さまだって、ぷっくりしたふくよかなお腹をしていらっしゃる。
なんだかその姿を見慣れているせいで、インドの像にはなにか違和感を、今にも踊りだしそうな感じがしたのだ。
と言っても、チラッと流し見した程度で、ちゃんと調べてもいないから勝手な憶測だけれど・・・タイトルだけ立派で_(._.)_ ユルシテ

前に瞑想を教えてくれた先生が(って言っても、3時間ワークで、しかも、なんと、後輩だったのだけど(◎_◎;) )、「丹田が育ってくる氣が溜まってお腹がでてくる」というようなことを言っていたのを思い出した。
いや~、お腹ばかり見ていたわけではないのだけれど・・・よく膨らんだりへこんだりするな~と、確かに見てたさぁ~・・・ん?見せたよね。うん。

日本の神々の像は、丹田が育って氣が溜まってるから膨らんでいる、ということなのかもしれない。
だから、とっても安定感&安心感がある。仏像に至ってはど~んと鎮座ましましてる~。
それに比べ、インドの神々の像は、胸の方が発達している感じがする。
胸式呼吸のスポーツマンみたい。腕にも動きがあるから、今にも動き出しそうな感じ。
ベリーダンスを踊る女性はお腹がぷっくりしていた方が美しいとされてるけどね。

お腹がでるのはいやだけど、丹田は育ってほしいな~と思うこの頃。
意識できる時はなるべく、腹式呼吸をするようにしている。
時間にすると1日1時間もないかもしれないけれど、いろいろなメリットがあるのだ~。
長くなるから、メリットはこの次にしよ~~~(m~-~)m
2006.08.20 神道と仏教
参道の玉砂利は108の煩悩を落とすために・・・と言ったのだけれど、
「神道にも煩悩って概念あるんですね?」と返されて、あちゃ~(゜o゜;; 
そう言えばそっか。煩悩は仏教の概念か~_(._.)_
聞きかじったことをちゃんと調べもしないで口にしてたわ~ん。
神仏ごっちゃになっっちゃてる現代人だわん。

ちょっと調べてみたら、明治神宮のHPの中に「参道にはなぜ玉砂利が・・・」という記事を発見。
言葉の意味も出ていました。
「玉」は、やっぱり「たましい(魂)」「みたま(御霊)」の意味と、「美しい」「宝石」「大事なもの」の意味がありました。日本語って、いいな~♪
未だにきれいな日本語をきちんと話せないけれど、美しい日本語を目にすると、日本に生まれてよかったな~と思うのでしたん。

ついでと言ってはなんですが、「玉響(たまゆら)」という言葉が好きです♪
意味は宝石が揺れるわずかな時間・・・(*--*)

で、参道は・・・
「人は清浄な石を踏むことによってしだいしだいに身を清め、心を鎮めて、最高の状態でお祈りが出来るように、気持ちを整えながら神さまのいらっしゃいます神聖な場所へ向かいます。こうした「祈る」までの姿勢の持ち様も、参道の中に込められていて、玉砂利には魂を安らがせ清めるという絶大な効果をもっているのです。」のだそうです。
参道も鳥居と同じで、中央は「正中」といって、昔から神さまの通り道とされているので、昔の人たちは真ん中を歩かないように心がけていたそうです。
誰もいないとついつい真ん中を歩きたくなっちゃうのだけれど、気をつけよう~と。

ということで、全然違う意味があったけど、ちょっと似てるね。(^^ゞ


そこで、神道と仏教はどう違うのだろう・・・

なんと、神道という宗教がきちんと成立したのは、仏教が外来から入ってきた時だそうです。
それまでは慣習としての儀式的なものや無意識的なものがあっただけで、外来宗教である仏教が入ってきた時に、初めてそれとの違いを明確にするために神道という「日本人の宗教」ができました。6世紀の半ば頃のお話。(◎_◎;)

初めて伝来してきた仏教の受容の可否を、時の天皇は群臣に尋ねました。
仏教推進派の蘇我稲目(そがのいなめ)と排仏主張派の物部尾輿(もののべのおこし)と中臣鎌子(なかとみのかまこ)の相反する答申を得て、天皇が言った言葉は「試に礼ひ拝ましむべし」・・・「試しに拝んでみろ」と仏像を蘇我稲目に授けたそうな。
幾たびの疫病があり、その度に排仏論者たちは仏教のせいにしましたが、自ら仏典の注釈書を作るほどの崇物論者であった聖徳太子が仏教を定着させました。

その後、明治維新の時に、神道を仏教の上に置いて、新しい国教を作ろうと、明治政府が廃仏稀釈運動を行います。
神社から仏教色を排除し、直接国家の支配下に置いて、中央集権的に再編成する方針を打ち出しました。
その結果、天皇をトップに置く神道が「大教」の名で全国民に流布されることになり、伊勢神宮を本宗とするピラミッド型が組織されました。

だけど、長い年月の間に、仏教(日本的な解釈の)が日本人の間に深く根を下ろしていたこともあり、仏教を弾圧するとキリスト教が進出してくるおそれもあり、仏教を神道に従属させ、協力させるという国民強化政策に切り替えました。明治3年の話・・・あきらめるの早かったのね(^▽^;)
そして、現在に至る~~~チャンチャン♪

長くなったついでに、おまけ・・・(?)
神道は、日本民族の宗教で、日本人しか信者になれません。
日本人は他の国の人に比べると、悲しいかな異人種に対して昔から排他的な民族だそうです(反論もあると思うけど)。「血」にかなりこだわる民族だそうです。
だから、例え日本国籍を持っていても、信仰表明をしても、純粋な日本人でなければ信者になれないのだそうです。
その反面、日本人であれば、信仰の意思表明をしなくても、たとえ拒否しても、神道の信者にされ、「氏子」と見なされているのです。
神道は「祭祀の神道」と言われますが、祭祀だけでなく、お正月の門松や七夕や雛祭り、七五三、地鎮祭などもそうです。
宮廷における祭祀が神道の根幹とされています。


先週は小泉首相の靖国参拝問題で騒がしかった。
任期中、時は変われど参拝し続けたことで、オブラートに包まれていたものが露呈したことは事実。賛否は置いといて、それぞれが、また新たに考えるきっかけにはなったことだろう。
靖国神社・・・行ったことはあるけれど、資料館へはまだ行って見てない。

死んだらみんな神となる「神道」・・・
「罪を憎んで人を憎まず」に繋がっているかな。
今日は、新月。
残念ながらお月様は隠れていたけれど、マヤ歴をベースにした「13の月の暦」でいう、“時間を外した日”だったそうな。

ご存知のお取り、月は28日周期で地球の周りを1周します。
なので、1年間で13週していることになります。
28日周期を1ヶ月とすると、28日×13ヶ月で364日です。
1年は365日なので1日余ります。
その1日が今日この日なのだそうです。

13の月の暦ですと昨日が大晦日。明日が元旦。
今日はどこにも属さない日なのだそうです。

象徴的な意味として、今日は時間の枠からの解放を体験する日であり・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?、これまでの一年の時間がまとまり、新しい次の年へと繋がっていく日なのだそうです。
地球上の生き物は、月のリズムに影響されているというから、もちろん人間もなんらかの影響を受けているのかもしれません。

そんな明日にまた蓮を見に行くの~ ルン♪(^^*)))(((*^^)ルン♪
日程を決めた時、ちゃんとした日にちはは知らなかったから、偶然・・・
5月13日の高尾山に引き続き、2回目の・・・
前に、偶然はなく、全て必然だと書いたっけ(・・。)ゞ テヘ

今日、蝉の抜け殻を今年初めて発見♪
準備は整っているのにね。地球の方が駄々を捏ねているご様子・・・
その抜け殻、もちろん拾ってきましたわん ( ̄m ̄*)V
軽く握り締めていた手の中を風がすり抜け、何度も零れ落ち・・・足が1本の半分もげちゃったけど(・・,) グスン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。